• 森雅昭

やりたくないときは、無理にやらない方が次につながる。

こんにちは。

本日はやる気がない時はやらないと言う選択肢をすると言うことも良いと言うお話をさせていただこうと思います。

人間、その日の体調や気分によってやる気があるやる気がない日があるかと思います。

ある程度症状を見たり目の動きを見るとそれが判断できるかと思います。

やる気がないのに、無理にさせてしまったとしてもただ疲れる練習になってしまいます。

そして無理やりすぎてしまうとその運動が嫌いになってしまったりする可能性もあります。

運動の嫌いな子供たちに多くありがちなことですが、本当はやりたくないのに、お父様お母様の気持ちが大きく出すぎてしまい無理矢理、子供に運動させすぎてしまい運動が嫌いになったケースが結構あるかと思います。

好き嫌いっていうのはどうしてもありますので嫌いなことをとかやりたくないことを無理にさせてしまうとさらにそのことが嫌いになってしまいもう一生やりたくないなどにつながってしまいます。

ですのでやる気があるまたは少し興味持ったときに挑戦してみるまたはいつもよりも多くやってあげることにより、今よりも何か1つステップアップできる可能性があります。

今後は、やりたくないこと、やる気がない事に対してやらないと言う決断をする選択肢も1つ考えながらやってあげると良いかと思います。

最新記事

すべて表示

こんにちは。 体操教室、大人数でされているところですと10名以上の子供たちでレッスンしているところがあるかと思います。 10名以上おられる、コーチが2、3名おられるときめ細やかく丁寧に指導できるかと思います。 しかし、コーチが1人になってしまうときめ細かく丁寧に指導するのはなかなか難しいかと思います。 こちらの1番良い環境を考えると、少人数でそしてあまり大きなスペースではなく狭いスペースで。順番を

おはようございます。 野球で体のキレを作るためのトレーニングでは、肩甲骨や股関節の動きが非常に大切です。 その中でも大きい骨、股関節の動きを高めてあげることにより、体のキレはよくなってきます。 逆に言うと、股関節の動きが悪くなってきてしまうとどうしても体のキレがなくなってきてしまいます。 ですので、できるだけ股関節の動き、調子を高めてあげる事が体のキレを作る上で非常に大切になってきます。 そのため

おはようございます。 今の時期、1年を通して一番寒い時期ですが、この時期に、レッスンを集中して60分しやすい時期になります。 寒い時期ですと、寒さは体を温めていくとあまり気にならずに体を動かすことができます。 しかし夏の暑い時期です、最初から湿度が高くそしてひのあたる場所に行