• 森雅昭

キッズパーソナルトレーニング(スポーツ家庭教師)なら大阪や京都で活動している森雅昭(MORIトレ)にお任せください。

現在、キッズパーソナルトレーニング(スポーツ家庭教師)を大阪や京都で活動させていただいております。

大人のパーソナルトレーニングは以前からされている方が多いかと思いますが子供のためのパーソナルトレーニングはまだまだこれからたくさんの需要があるかと思います。

パーソナルトレーニングの1番の良い部分は一人ひとりに合わせたトレーニングメニューでその子の能力に合わせてゆっくりそして丁寧に指導することが可能になります。

体操教室などどうしても大人数になってしまうと周りの子供たちと合わせる形でトレーニングに入ってしまいますのでなかなか思うように体を動かせない時はそのままレッスンが進んでてしまいます。

運動が苦手な子や、運動が嫌いな子または発達障害のあるお子様や、不登校引きこもりのお子様にもパーソナルトレーニングは有効ではないかなと思っております。

多種多様でたくさんのニーズがありますのでこちらはそのニーズにお応えさせていただきながらも、運動を上達させる、スポーツの向上を目的として様々なトレーニングメニューやトレーニング道具を用いてレッスンを進めております。

ぜひ今あまり体動かせていない、運動に苦手意識を持ち始めているなどありましたらぜひいちどこちらにお問い合わせいただければなと思います。

その他にも、少人数のグループレッスンの指導もしております。

本日は以上になります今後もスポーツや運動の事について情報発信をさせていただきます。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた