• 森雅昭

ジャンケンで順番を決めてレッスンを進めてみる。

日々、違う刺激を与えることが、脳の活性化につながります。

体操教室などで、ある程度高学年のお兄ちゃんお姉ちゃんが1番先頭でお手本を見せたりすることもあったりするかと思いますが。それでは、下の年代の子たちがあまり物事を考えることがする機会が少なくなってしまい、ただただお兄ちゃんについていってレッスンをこなす感じになってしまいます。

しかしある程度状況判断ができたりコーチの言うことを聞いてくれる場合ですと、積極的にその日ジャンケンで順番を決めてあげてレッスンに取り組むことでいろいろ考えるチャンスになります。

前の人の、体力、運動能力、集中力などを考えないとうまくグループレッスンとして進まなくなりますので、その状況をしっかり把握できそして空気を読む力もついてきたり後は物事を考える力をつけることができるようになります。

ぜひとも、宣伝などを楽しいゲームをして順番を決めてその日その日の状況に合わせてレッスンをうまく進めるように皆さんで協力してやってみてはいかがでしょうか?

本日はここまでになります。今後もいろいろな情報発信させていただこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

最新記事

すべて表示

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか

おはようございます。 鉄棒の逆上がりの個別個人指導、またはマンツーマン指導のことでしたら、ここにお任せください。 こちらは、スポーツ家庭教師を通して一人一人丁寧に指導させていただいております。 お住まいが、枚方市、八幡市、寝屋川市、交野市でしたらこちらが出張でご自宅近くの公園または室内鉄棒がありましたらそちらまでお伺いさせていただいております。 一応な事は改善することの恐怖心をなくすこと、腕を引く

ボール種目の上達は、とにかくボールに触れている時間を増やすことが大切です。 ボールをうまく投げれない、ボールを蹴ることができないなどの理由は、体に無駄な力が入っている証拠です。 なぜならその力を抜く事により体をスムーズに動かしてボールをうまく扱うことができます。 そのためには、と