• 森雅昭

スポーツの競技力を上げるために、筋肉のことを考えすぎて、体をどう動かすか体の使い方を後にしてしまっている。

スポーツ家庭教師の森です。

本日はスポーツの競技力を上げるために筋力をどうつけるかと言うことに執着してしまい、競技力を落としてしまっていることがないでしょうか?

ジュニアアスリートの子供たちと指導させていただくことがございますが、結局最終的に競技力を上げるためにどこの筋肉をつけるのですかとよく聞かれることがありますが、筋力をつけたとしても実際にそれが重みになってしまい素早く体を動かすことができなくなってしまうことがよくあります。

筋力をつけたとしても一時しのぎにしかならないと思います。結局のところ、体の使い方やインパクトの強弱が上手い人ほど高校生、大学生、社会人になってたとしても競技力の向上を望むことができるかと思いますが、

人間どうしても不安になってしまうので体を大きくしたいまたは筋力をつけたいと言うことに意識が向いてしまい、無駄な動きや無駄な筋力をつけることにより一時的には競技力がもしかすると伸びるかもしれませんがそれ以降全く競技力の向上を見込めないことになってきてしまいます。

今の目先のことに執着するか、それかだんだんと競技力の向上を目指していくかを冷静にそしてちゃんと考えていく必要があるかと思います。

今を求めることも大切ですが、最終的に少しずつ上達していく方が運動していくことがすごく楽しみながらできるのではないでしょうか?

ですので結局のところ、筋力より体の使い方を教えていただける指導者と巡り会うことが非常に大切です。

体の使い方は日々、変化していくと思います。その変化とは自分自身の体の背丈が伸びていくと思いますのでそれに合わせて若干ですが体の方向性、力の使い方を変えていく必要があると思います。

こちらでは、体の使い方を上手にする個別個人指導させていただいております。直接指導は大阪京都でさせていただいておりますが、オンラインレッスンでもさせていただいております。

ぜひご縁がありましたらいちどお問い合わせいただければなと思います。

今後も、運動やスポーツの事について日々アップさせていただきますのでぜひとも見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた