• 森雅昭

体を支えるために腕の力を若いうちからつけていく。MORIトレ

運動の中で、色々と大切なことがあるかと思いますが、小さい時から、体を支えるための腕の力もつけていく必要があります。

ブリッジ、壁逆立ち、逆立ち歩き、前転、後転などは、腕の力が必要になります。

腕の力といっても、肘を伸ばす動きが必要になってくると思います。

幼いうちは、肘を伸ばすと言う事はかなり難しいかと思いますが、それを徐々に練習することにより自分の体重を支えることができ、様々な動き、運動をすることができるようにつながります。

肘を伸ばす動きができることにより、安全面でも怪我をすることなくいろいろな動きをより安全にできるようになりますので、怪我のリスクが少なくなります。

この非常伸ばす動きは年齢が若いうちはある程度短い期間で習得することができますが、小学校語録年生になると日ごろからトレーニング、運動していないと下半身の方が重たくなり、自分自身の体を支えることが難しくなってきますので、日ごろから定期的に肘を伸ばす、体を支える動きをチャレンジしていく必要があります。

本日はここまでになります。

今後もいろいろな情報発信をさせていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成