• 森雅昭

体幹トレーニングは力を抜きながらできるかが大切。MORIトレ

体幹トレーニングは力を入れながらトレーニングするのではなく逆に力を抜きながらそして素早くできることが体幹トレーニングにつながります。

どうしても体幹トレーニングは、一定時間止まったりまたは姿勢をキープしたりすると言うトレーニングが先走ってしまい、止まりながら耐えると言うことがキーワードとして皆さんに普及しているかと思います。

一定時間ずっと共に続けると言うのはスポーツの中で実際にあまりないことです。

それを、練習の段階からやってしまうと力を入れてしまうことを覚えてしまい力を抜きながら何かを素早く動かすなど非常に難しい体の使い方の習得を覚えてしまいます。

力を持ちながら素早く動かすと言うことが本来競技力向上やまたは運動神経の向上につながりますので、一定時間留まり続けると言う練習をなくしてあげることが良いと思います。

いちど体の力を抜きながらトレーニングすることを覚えるとそちらの方が体の使い方が上手だと言うことをわかるかと思います。けど最初のうちは力を抜くというのが非常に怖いと思います。しかし徐々にコツコツと練習していくうちに自然と力を抜くことができるようになってきますのであきらめずに粘り強く挑戦してみてください。

もしやり方がわからない場合はこちらのホームページからお問い合わせいただき空きがございましたらぜひとも一緒に練習しませんか?

本日は以上になります。

今後もいろいろな情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成