• 森雅昭

体幹トレーニングは、短時間で種目を多くすることで練習効果アップ。

体幹トレーニングは、長い時間やればやるほど良いかと言われるとそうでもありません。

1時間留まり続けるのが体幹トレーニングというイメージがあるかと思いますが、長い時間を1時間留まり続けると体が素早く体を動かすことができない感じになってしまいます。

スポーツは、ある程度早い動きを繰り返すことが大切になってきます。

それにもかかわらず、ある一定時間ずっと留まり続ける事はただの何のためにやっているかわからないトレーニングになってしまい実際の運動では使えない体の動きになってしまいます。

その動きをする位でしたら

、短いトレーニングで素早く長い時間やらずにコロコロといろいろな種目に取り替えながら集中力を失うことなくトレーニングをしていく方がかなりのトレーニング効果につながっていくかと思います。

今までの体幹トレーニングを変えて新しい体幹トレーニングをやってみてはいかがでしょうか?

本日は、体幹トレーニングを長い時間休に短い時間でいくつもの種目にチャレンジすることの良さをお伝えさせていただきました。

今後もいろいろな情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか

おはようございます。 鉄棒の逆上がりの個別個人指導、またはマンツーマン指導のことでしたら、ここにお任せください。 こちらは、スポーツ家庭教師を通して一人一人丁寧に指導させていただいております。 お住まいが、枚方市、八幡市、寝屋川市、交野市でしたらこちらが出張でご自宅近くの公園または室内鉄棒がありましたらそちらまでお伺いさせていただいております。 一応な事は改善することの恐怖心をなくすこと、腕を引く

ボール種目の上達は、とにかくボールに触れている時間を増やすことが大切です。 ボールをうまく投げれない、ボールを蹴ることができないなどの理由は、体に無駄な力が入っている証拠です。 なぜならその力を抜く事により体をスムーズに動かしてボールをうまく扱うことができます。 そのためには、と