• 森雅昭

多動症の子のための個別個人指導を大阪や京都でしています。

多動症の子のための個別個人指導を大阪や京都でさせていただいております。

多動症の子はどうしても自分のしたいことや、夢中になりたいことを優先してしまいなかなか集団の教室やまたは個別指導であったとしても練習をすると言う感じにはなかなかならないところがあります。

しかし、体を動かしたい気持ちはありますので、無理矢理指導をして上達をすると言うよりも何か目的、ハードルを与えてあげることによりそれを乗り越えた時に成長すると言う導いてあげる指導をしていくことが1番良いのではないでしょうか

他の子と比べてしまうとどうしても体操教室のように先生が指導したことを子供たちがやってみるということが理想かと思いますがしかしそれをやってしまうと多動症の子にはすごくストレスがかかってしまい二次障害になってしまう可能性があります。そのリスクを背負うよりものびのびと子供のやりたいことを挑戦しつつその中で課題や、ハードルを与えることにより無理矢理やらされているという感覚がなく気がついたらいつの間にかできていたと言う風な導き方をすると良いと思います。

しかしこれにはすごく時間がかかりますし、指導者またはお父様お母様の心のゆとりがないとなかなかこういった形でできる事は難しくなってしまいます。

こちらのスポーツ家庭教師では12年以上の経験を積み重ねた指導者が、丁寧にわかりやすくそして子供の成長を気長に待ちながら色々と工夫することにより、今よりもう少し何か力になれるようにサポートさせていただいております。

ぜひとも、このホームページを見ていただいた機会に、お問い合わせいただけるとうれしいです。





最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた