• 森雅昭

多動症の子のための個別個人指導を大阪や京都でしています。

多動症の子のための個別個人指導を大阪や京都でさせていただいております。

多動症の子はどうしても自分のしたいことや、夢中になりたいことを優先してしまいなかなか集団の教室やまたは個別指導であったとしても練習をすると言う感じにはなかなかならないところがあります。

しかし、体を動かしたい気持ちはありますので、無理矢理指導をして上達をすると言うよりも何か目的、ハードルを与えてあげることによりそれを乗り越えた時に成長すると言う導いてあげる指導をしていくことが1番良いのではないでしょうか

他の子と比べてしまうとどうしても体操教室のように先生が指導したことを子供たちがやってみるということが理想かと思いますがしかしそれをやってしまうと多動症の子にはすごくストレスがかかってしまい二次障害になってしまう可能性があります。そのリスクを背負うよりものびのびと子供のやりたいことを挑戦しつつその中で課題や、ハードルを与えることにより無理矢理やらされているという感覚がなく気がついたらいつの間にかできていたと言う風な導き方をすると良いと思います。

しかしこれにはすごく時間がかかりますし、指導者またはお父様お母様の心のゆとりがないとなかなかこういった形でできる事は難しくなってしまいます。

こちらのスポーツ家庭教師では12年以上の経験を積み重ねた指導者が、丁寧にわかりやすくそして子供の成長を気長に待ちながら色々と工夫することにより、今よりもう少し何か力になれるようにサポートさせていただいております。

ぜひとも、このホームページを見ていただいた機会に、お問い合わせいただけるとうれしいです。





最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成