• 森雅昭

子供の体幹トレーニングを習い事感覚でできます。大阪や京都

スポーツ家庭教師の森雅昭です。

近年、子供の体幹が弱いと言われてきております。

体幹が弱いと言いますが、どういった基準で弱いからと言うのはあまり具体的になっておりません。

ビジネス文句のように、子供が体幹が弱いとなれば、お父様お母様は不安になりトレーニングをするために、教室に通ったりまたは個別個人指導を受けたりすることが増えてきているのではないでしょうか?

どうしても人間は二速歩行ですので、日々バランスをとりながら生きています。

バランスを取ると言う事は、力を入れすぎてしまうと逆にコ

転けやすくなってしまったりします。

運動やスポーツ、座る姿勢であったりするにしても少なからず緊張している部分、リラックスしている部分が必要になりますが、ずっと緊張しすぎていたり逆に緊張していなくて体が柔らかすぎたりしてしまうとどうしてもうまく姿勢や、バランスを保つことができません。体の使い方が上手い人は、力の緊張と緩和をすごく上手に使っております。緊張と緩和は、ある程度年齢が若いうちに習得することで、バランスの良い体作りができるようになります。

近年いろいろなYouTubeの動画などで体幹トレーニングの映像があるかと思います。どれも、すごく良い方法でトレーニングされていると思います。しかし、中にはずっと力を入れっぱなしのトレーニングもあったりします。

そのトレーニングをしてしまう、体のリラックスする部分がなくなってしまい、逆に体幹が弱くなってしまう可能性が出てきます。

力を入れたら、力を抜くと言う動作を通してトレーニングを行っていくことが必要になってきますので、ずっと力を入れるトレーニングをあまりしない方が良いかと思います。

こちらでは個別個人指導を通して子供たちの力の使い方、バランスの取り方等の指導を個別個人指導からまたは少人数指導でさせていただいております。ぜひとも、ご縁がありましたらいちどお問い合わせいただければなと思います。

本日はここまでになります。

今後もスポーツや運動についてどんどんアップさせていただこうと思いますのでお時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた

逆上がりの教え方、コツについて。大阪と京都でスポーツ家庭教師の森雅昭にお任せ

逆上がりの教え方、コツについて本日お話しさせていただこうと思います。 大阪と京都でスポーツ家庭教師を10年以上させていただいている経験をもとに、お話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、2つの大切なことがあります。 1つ目は、回転する能力を身に付けるということが大切になります。 回転する能力といいますと、足を上げて頭を逆さに向ける、逆立ちみたいな感覚をつけてあげることが必要です。 この能力を