• 森雅昭

子供の柔軟性について、体が柔らかい時期に柔軟性に時間を取られすぎない/MORIトレ

子供は、若ければ若いほど柔軟運動せずにでも、すごく体が柔らかいです。

しかし小学生1年生以降から、物心がつきだすと男の子は特に体が硬くなっていってしまいます。

周りからの外的要因もあって、周りの目を気にしすぎてしまうと体が硬くなってしまったり、プレッシャーを感じすぎてしまうと体が硬く、力を抜くことができなくなってしまいます。

小学校1年生位からしっかりと定期的に体の柔軟性を維持するまたは高めることをある程度取り入れながらしていく必要があるかと思います。

後は、運動やトレーニングのしすぎによって筋肉疲労を起こして体が硬くなる可能性もありますので、しっかりとリフレッシュして疲れをとりながら進めていく必要があります。

たまに、柔軟性に力を入れすぎてしまい、練習のほとんどに柔軟性のトレーニングになりすぎている体操教室またはスポーツ教室を見るところがあります。

それはそれで、柔軟性に力を入れていることも良いかと思いますが、若い間は、いろいろな動きを取り入れたほうがいいと思いますのでたくさん体を動かし、様々なトレーニングにチャレンジしてみることをおすすめします。

本日はここまでになります今後もいろいろな情報発信させていただこうと思います。

本日を最後まで見ていただきありがとうございました。

最新記事

すべて表示

こんにちは。 交野市で体操教室や、スポーツ教室をお探しでしたら、こちらはいかがでしょうか? こちらのMORIトレでは、キッズ、幼児から創れる体操教室を今現在は土曜日毎週開催させていただいております。 少人数制にこだわり、最大3名までの募集とさせていただいております。 人数を少なく

箕面市の百楽荘、桜井、桜が丘でも、逆上がりや、縄跳びの前とび、水泳などの指導をしています。 プライベートを間個別個人指導ですので、わかりやすく丁寧に一人ひとりにコミュニケーションをとりながら指導させていただいております。 小学校の受験対策のようなこともさせていただいております。

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか