• 森雅昭

子供の習い事での注意点、気をつけることについて

近年、様々な子供の習い事が増えてきています。

最近特に人気なのがプログラミング授業になります。

私が子供の頃にはプログラミング授業なんてなかったのですが今のこれからの時代にはプログラミングできる能力が生きていく上ですごく大切なことになりそうですね。

学校でも、プログラミングの授業が必須になるそうなので本当に必要なスキルだと思います。


その他にも、スイミングスクールなどは今現在でも習い事ランキングで1位になっている大人気な習い事です。

その他に、サッカーや野球、体操教室があるかと思います。

それ以外には、パルクールと言う習い事も最近人気になってきています。


個人的には、このパルクールは非常に良い習い事ではないでしょうか?

パルクールとは、いろいろな障害物を巧みにうまくジャンプしたり避けながらすることによって前に進んだり上に進んでいったりしていきます。

クライミングのようにずっと高さを上に登っていくと言う競技ではないです。

体操教室ともまた違う感じで、体の動かし方を身に付けるすごく良い習い事になるかと思います。

しかしパルクールはまだまだ習い事の教室が少ない状況ですので、ご自宅の近くにまだない可能性があります。


その場合は、体操教室や、クライミングの教室で充分かと思います。

次に、今回の本題ですが、習い事の注意点や気をつけたいことについては寝させていただきます。

子供の家から17時にいろいろな習慣をつけてあげることにより子供の能力がすごく最大限に発揮されるようになるかと思います。


かといって、たくさん習い事をさせる方が良いのではないかと思われるかと思いますが、やはり人間には限界があるかと思います。


その習い事の中にも多少すき家嫌いがあるかと思いますのでそこでストレスを感じてしまったり、気を使ってしまったり、気持ちの面や、体で疲れが出てくるかと思いますそのままずっと習い事をしてしまうと気持ち的にすごく不安定になってきてしまい、習い事を習っているはずが一向に上達しなかったりする場合もございます。ですので、適度な習い事をすることをお勧めします。


週三回習い事をして後は学校が帰ってきたらリラックスする時間をつくってあげる。

このリラックスを作ってあげることにより、体がリラックスして心の面でも余裕を持つことができまた来週の習い事に集中することができます。


1番やってはいけない事は、子供の心を無視して親がやらせたい習い事をたくさんやらせてしまうことが1番気をつけないといけないところです。

ぜひとも、子供さんとコミニケーションを図りながら本当に子供がやりたいことの習い事をさせてあげることが1番上達するコツではないでしょうか?


本日は以上になります。

今後もスポーツや運動子育ての事について情報発信させていただきます。

お時間あるときにぜひとも見ていただけるとうれしいです。 

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた