• 森雅昭

子供の習い事での注意点、気をつけることについて

近年、様々な子供の習い事が増えてきています。

最近特に人気なのがプログラミング授業になります。

私が子供の頃にはプログラミング授業なんてなかったのですが今のこれからの時代にはプログラミングできる能力が生きていく上ですごく大切なことになりそうですね。

学校でも、プログラミングの授業が必須になるそうなので本当に必要なスキルだと思います。


その他にも、スイミングスクールなどは今現在でも習い事ランキングで1位になっている大人気な習い事です。

その他に、サッカーや野球、体操教室があるかと思います。

それ以外には、パルクールと言う習い事も最近人気になってきています。


個人的には、このパルクールは非常に良い習い事ではないでしょうか?

パルクールとは、いろいろな障害物を巧みにうまくジャンプしたり避けながらすることによって前に進んだり上に進んでいったりしていきます。

クライミングのようにずっと高さを上に登っていくと言う競技ではないです。

体操教室ともまた違う感じで、体の動かし方を身に付けるすごく良い習い事になるかと思います。

しかしパルクールはまだまだ習い事の教室が少ない状況ですので、ご自宅の近くにまだない可能性があります。


その場合は、体操教室や、クライミングの教室で充分かと思います。

次に、今回の本題ですが、習い事の注意点や気をつけたいことについては寝させていただきます。

子供の家から17時にいろいろな習慣をつけてあげることにより子供の能力がすごく最大限に発揮されるようになるかと思います。


かといって、たくさん習い事をさせる方が良いのではないかと思われるかと思いますが、やはり人間には限界があるかと思います。


その習い事の中にも多少すき家嫌いがあるかと思いますのでそこでストレスを感じてしまったり、気を使ってしまったり、気持ちの面や、体で疲れが出てくるかと思いますそのままずっと習い事をしてしまうと気持ち的にすごく不安定になってきてしまい、習い事を習っているはずが一向に上達しなかったりする場合もございます。ですので、適度な習い事をすることをお勧めします。


週三回習い事をして後は学校が帰ってきたらリラックスする時間をつくってあげる。

このリラックスを作ってあげることにより、体がリラックスして心の面でも余裕を持つことができまた来週の習い事に集中することができます。


1番やってはいけない事は、子供の心を無視して親がやらせたい習い事をたくさんやらせてしまうことが1番気をつけないといけないところです。

ぜひとも、子供さんとコミニケーションを図りながら本当に子供がやりたいことの習い事をさせてあげることが1番上達するコツではないでしょうか?


本日は以上になります。

今後もスポーツや運動子育ての事について情報発信させていただきます。

お時間あるときにぜひとも見ていただけるとうれしいです。 

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成