• 森雅昭

子供の習い事のやる気が出ない場合どうしたらいいか/MORIトレ

子供の習い事でやる気が出ていない場合どうしたらいいか悩んでおられるお父様お母様も多いかと思います。

単純に、子供が楽しくないからやる気が出ていなかったりまたは、担当のコーチや周りのお友達と相性が合わないお友達がいたりしてやる気が出てないことが多いです。

1階でも、その雰囲気になってしまうとなかなかやる気を出して習い事に取り組んでくれると言う事は少ないかもしれません。

色々と考えて悩んでいる間に、さらにやる気がなくなってしまってその習い事が嫌いになってしまうよりかは、思い切って違うところに行ってみたりまたはその習い事を止めて他の違うことに取り組んでみたりするのが良いかと思います。

子供の時間は長いようであっという間に短いです。

しかも、何かを習得するときに急成長できる時間ていうのはすごく限られていますので、若いうちにどんどんと時間を使いすぎずにチャレンジをたくさんしてあげる環境を作ってあげてください。

本日は以上になります。

今後も習い事等について情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

本日の最後までありがとうございます。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成