• 森雅昭

幼児体操教室、体操クラブで2歳ごろから体を動かす習慣をつけてあげる。MORIトレ

おはようございます。

朝晩かなり寒くなってきましたので体調崩されている方が少しずつ増えてきました。

コロナではなく、季節の変わり目で体調崩しやすいですので、朝晩は暖かい格好で体を守ってあげてください。

そしてお昼ごろはかなり暑いので水分補給をして熱中症に注意してください。

本日のお題ですが、幼児体操教室、体操クラブで2歳ごろから体を動かすことをの良さについてお話しさせていただこうと思います。

年齢が若ければ若いうちに、正しい体の動かし方を身に付けることにより、その後の成長においてスムーズに発育発達につながっていきます。

2歳ごろから、保護者が補助をしながら鉄棒を持たせてあげたりまたは前回り、後周りをさせてあげたりといろいろと体を動かす体験をさせてあげることにより、体のセンサーが少しずつついて行きます。

自分の体が今どんな風になっているかを認識するには、この体のセンサーをたくさんつけてあげることとしっかりとそのセンサーが働いてくれることをすることにより運動神経または体の使い方を上達させるきっかけになります。

このセンサーは落とせれば若いほどたくさんセンサーがつきます。

逆に、年齢が高くなればなるほどこのセンサーの数または感度が落ちてしまいます。

ですので、ある程度年齢が若ければ若いうちにたくさんのいろいろな動きをさせてあげてください。

どうしても、できるかできないかにこだわってしまいできるまで1つの動きを挑戦しがちですがいずれの目が大きくなればなるほど自然と力がついてきてできるようになりますのでそれよりもセンサーをたくさんつけることに挑戦してみてください。

本日は以上になります。

今後もいろいろな情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成