• 森雅昭

療育は、幼稚園、保育園など年齢が若い時から取り組むことが良い。MORIトレ

本日は、療育を、幼稚園や保育園から取り組んだ方が良いかどうかについてお話しさせていただこうと思います。

結論から言うと、なるべく早い段階から発育発達の向上に向けて取り組んでいくことが良いかと思います。

色々な、体験や体を動かすことなどを経験することにより、年齢が高くなるよりも吸収率が大きいので良いかと思います。

しかし、ここで気をつける事は、療育でもお子様がやりたくなさすぎる場合は無理矢理取り組みをサポートしてしまうと、体を動かすことや、何かに取り組むことを嫌いになってしまう可能性があります。

何か興味あることに、優しくサポートさせていただいける療育または、指導経験が豊富なスタッフがいるところを選んでみていちどやってみることをお勧めします。

何をやるにしたとしても、スモールステップだと思いますので、長い期間、子供の成長を見守りながら、そして子供の成長をサポートしてくれるところをぜひとも見つけてみてください。

本日はここまでになります。

今後も療育等の事について情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成