• 森雅昭

発達障害のある子供の、縄跳びの時に両足が同時に飛んだり、着地することができなかったりします。

発達障害のある子供の、縄跳びの時に両足が同時に飛んだり、着地することができなかったりします。 八田障害のあるお子様の縄跳びの時にどうしても両足がバラバラに動いてしまい両足を揃えて着地することができなかったりします。

その際にお手本を見せたり言葉で説明したりしますが、なかなか治らないことがあります。その場合は、時間をかけて縄跳びが嫌いにならないように導いてあげることが必要になります。 どうしても親子になりますと熱を帯びてしまい最終的には喧嘩になってしまい縄跳びが嫌いになってしまうことが多くあります。ですので、あまり関わりすぎることなく、それよりも両足ジャンプをすることに方向転換してみるのはいかがでしょうか?

両足ジャンプをする過程で、まずは高いところから両足を揃えて飛び降りてそして両足を揃えて着地すると言うことをやってみるのはいかがでしょうか?そうすることで着地したときの刺激が脳に伝わり両足ジャンプして両足着地をすると言う1連の流れを身に付けるきっかけになります。

これは障害があるなしにかかわらず、小さい時からやっておくべき運動だと思います。 運動の基本中の基本の動きになりますので、両足ジャンプがうまくできない場合は他の種目を変にやりすぎてしまうと土台がしっかりとできないまま成長してしまうことにもなります。ですので、いろいろな簡単なことを取り組みつつも両足ジャンプの精度またはちゃんとした動きを身に付けてあげることに1番力を注いであげることにより、手と足の協調運動が自然と良くなり縄跳びも前鳶が上手にできるようになったりします。 言葉では簡単に言っておりますが、結構時間をかけて進めていくことをお勧めしますので気長に頑張っていきましょう。 今回はここまでになります今後も、いろいろな運動や、体操、スポーツの事についてお話させていただきます。 お時間があれば見ていただけるとうれしいです。





最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた