• 森雅昭

発達障害のある子供の、縄跳びの時に両足が同時に飛んだり、着地することができなかったりします。

発達障害のある子供の、縄跳びの時に両足が同時に飛んだり、着地することができなかったりします。 八田障害のあるお子様の縄跳びの時にどうしても両足がバラバラに動いてしまい両足を揃えて着地することができなかったりします。

その際にお手本を見せたり言葉で説明したりしますが、なかなか治らないことがあります。その場合は、時間をかけて縄跳びが嫌いにならないように導いてあげることが必要になります。 どうしても親子になりますと熱を帯びてしまい最終的には喧嘩になってしまい縄跳びが嫌いになってしまうことが多くあります。ですので、あまり関わりすぎることなく、それよりも両足ジャンプをすることに方向転換してみるのはいかがでしょうか?

両足ジャンプをする過程で、まずは高いところから両足を揃えて飛び降りてそして両足を揃えて着地すると言うことをやってみるのはいかがでしょうか?そうすることで着地したときの刺激が脳に伝わり両足ジャンプして両足着地をすると言う1連の流れを身に付けるきっかけになります。

これは障害があるなしにかかわらず、小さい時からやっておくべき運動だと思います。 運動の基本中の基本の動きになりますので、両足ジャンプがうまくできない場合は他の種目を変にやりすぎてしまうと土台がしっかりとできないまま成長してしまうことにもなります。ですので、いろいろな簡単なことを取り組みつつも両足ジャンプの精度またはちゃんとした動きを身に付けてあげることに1番力を注いであげることにより、手と足の協調運動が自然と良くなり縄跳びも前鳶が上手にできるようになったりします。 言葉では簡単に言っておりますが、結構時間をかけて進めていくことをお勧めしますので気長に頑張っていきましょう。 今回はここまでになります今後も、いろいろな運動や、体操、スポーツの事についてお話させていただきます。 お時間があれば見ていただけるとうれしいです。





最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成