• 森雅昭

発達障害、運動療法について/MORIトレ

本日は、発達障害の運動療法についてお話しさせていただこうと思います。

発達障害のあるお子様は、協調運動や、バランス能力、力の入れる力を抜くというのがなかなか上手にできません。

その場合は、コツコツと運動を行うことにより、今よりも運動神経、協調運動、バランス能力、力の入れる力を抜くということがだんだんと上手になってきます。


ではどういうことをしていけば良いのかといいますと、少し高台から両足でジャンプ降りてみたり、平均台のような細いところ渡り歩いたり、壁に逆立ちしたり、トランポリンをしてみたり、ブリッジをしてみたり行うことにより、身体の様々なセンサーをつけることができ、バランス能力がついてきます。

なかなか、上手にできないことが多いかもしれませんが、まずはしっかりと楽しみながら上達を目指す、スモールステップの考え方で行っていくことをお勧めします。


高い目標を立てすぎてしまうと、途中で嫌になってしまう可能性がありますので、長く続けることが、1番成長への近道だと思いますのでぜひともコツコツとチャレンジしてみて下さい。

本日はここまでになります。

今後も運動療法や発達障害の事について情報発信させていただこうと思っております。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

本日も最後まで見ていただきありがとうございました。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成