• 森雅昭

緊張感があることで体の感覚が研ぎ澄まされる。

本日は、多少の緊張感があることで体の感覚が研ぎ澄まされると言う話をさせていただこうと思います。

緊張感がない場面ではどうしても人間の体はダラダラ動いてしまいます。

逆に緊張しすぎてしまうと俊敏に体動かすことができません。

ある程度の緊張感を持つことで俊敏に動けたりとか柔軟に体を動かすことにつながります。

これは、何かスポーツをしていて本番で力を発揮するためには、本番だけがんばりすぎるのではなくやはりトレーニングの段階からある程度緊張感を持ちつつも楽しむところは楽しむと言う多少のリラックス感を持ちながらトレーニングする必要があるかと思います。

厳しい練習をすればするほど、緊張しすぎてしまうことがあり逆に体をのびのびと動かすことができません。

逆に、緊張感がないダラダラしたトレーニングをしてしまうとそれはそれでがんばっている割に成長しないと言うことにもつながりかねません。

ですのである程度厳しい中にも楽しさをと言う指導のもとトレーニングを進めることによりいざいざ本番になったとしてもしっかりとパフォーマンスを発揮することにつながります。

最新記事

すべて表示

こんにちは。 交野市で体操教室や、スポーツ教室をお探しでしたら、こちらはいかがでしょうか? こちらのMORIトレでは、キッズ、幼児から創れる体操教室を今現在は土曜日毎週開催させていただいております。 少人数制にこだわり、最大3名までの募集とさせていただいております。 人数を少なく

箕面市の百楽荘、桜井、桜が丘でも、逆上がりや、縄跳びの前とび、水泳などの指導をしています。 プライベートを間個別個人指導ですので、わかりやすく丁寧に一人ひとりにコミュニケーションをとりながら指導させていただいております。 小学校の受験対策のようなこともさせていただいております。

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか