• 森雅昭

縄跳びで体幹トレーニングになる。縄跳び教室を大阪や京都でしています。MORIトレ

大阪や京都で縄跳びの教室をさせていただいています。

縄跳びをすることによって、足を速くすることができたりまたは体の軸を作るための体幹トレーニングにもなります。

幼稚園や保育園で体幹が弱いと言われた。縄跳びがうまく飛ぶことができない、両足ジャンプをうまくできないなど様々あるかと思いますが、すべて縄跳びの練習をすることによって能力の向上を見込めることができます。

こちらは個別個人指導で指導させていただいております。

運動の基本は両足ジャンプになります。この運動がなかなかうまくできない場合は、足を速くすることや運動能力を上げることが難しくなってきてしまいます。

まずは、両足で着地するイメージや両足でジャンプするイメージがすごく大切になってきますので、少し高い台からジャンプするそして両足で同時に着地することの練習をまずは行ってみると良いかと思います。

着地をすると言うことでしっかりと体の支えがないと危険になってしまうので、体幹を鍛える、バランスを整えると言う意味で低い代からどんどんとできるようでありましたら高くしていき体幹を鍛えて行ってみてはいかがでしょうか?

この両足ジャンプや両足着地ができるようになってきましたが体のバランス能力も凄く良くなって来ていると思います。

そしてこれができることによって縄跳びに必要なジャンプの力が備わっています。

後は、手と足の協調運動を良くすることによって連続して飛ぶことができるようになったりまたは二重跳びができるようになったりします。

どの運動も、急に上達すると言う事はなかなかないことですので少しずつコツコツとお父さんやお母さんとやってみたりまたは体操教室の先生と楽しく練習してみてはいかがでしょうか?

ある程度連続140回、2030回と回数が上がることにより足腰がすごく強くなりそして走るのも早くなっていくと思います。

ですので、途中であきらめることなくコツコツやってみてください。

本日はここまでになります。

日頃スポーツ家庭教師をさせていただいている森が、スポーツや運動の事について情報発信させていただいております。

ぜひ、お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた