• 森雅昭

縄跳びで体幹トレーニングになる。縄跳び教室を大阪や京都でしています。MORIトレ

大阪や京都で縄跳びの教室をさせていただいています。

縄跳びをすることによって、足を速くすることができたりまたは体の軸を作るための体幹トレーニングにもなります。

幼稚園や保育園で体幹が弱いと言われた。縄跳びがうまく飛ぶことができない、両足ジャンプをうまくできないなど様々あるかと思いますが、すべて縄跳びの練習をすることによって能力の向上を見込めることができます。

こちらは個別個人指導で指導させていただいております。

運動の基本は両足ジャンプになります。この運動がなかなかうまくできない場合は、足を速くすることや運動能力を上げることが難しくなってきてしまいます。

まずは、両足で着地するイメージや両足でジャンプするイメージがすごく大切になってきますので、少し高い台からジャンプするそして両足で同時に着地することの練習をまずは行ってみると良いかと思います。

着地をすると言うことでしっかりと体の支えがないと危険になってしまうので、体幹を鍛える、バランスを整えると言う意味で低い代からどんどんとできるようでありましたら高くしていき体幹を鍛えて行ってみてはいかがでしょうか?

この両足ジャンプや両足着地ができるようになってきましたが体のバランス能力も凄く良くなって来ていると思います。

そしてこれができることによって縄跳びに必要なジャンプの力が備わっています。

後は、手と足の協調運動を良くすることによって連続して飛ぶことができるようになったりまたは二重跳びができるようになったりします。

どの運動も、急に上達すると言う事はなかなかないことですので少しずつコツコツとお父さんやお母さんとやってみたりまたは体操教室の先生と楽しく練習してみてはいかがでしょうか?

ある程度連続140回、2030回と回数が上がることにより足腰がすごく強くなりそして走るのも早くなっていくと思います。

ですので、途中であきらめることなくコツコツやってみてください。

本日はここまでになります。

日頃スポーツ家庭教師をさせていただいている森が、スポーツや運動の事について情報発信させていただいております。

ぜひ、お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成