• 森雅昭

考えすぎないこと、子供は親の見えないところで育っていく。

おはようございます。

子育てを良くしていこうと思えば考えるだけどんどん深みにはまっていくと思います。

子供の一つ一つの行動に目がいってしまい。

子供の一つ一つの言葉に気をとられてしまいます。

そう言って、一つ一つのことに気遣いをしてしまい、気がついたことを注意してしまうと子供は、親から遠ざかろうとしてしまいます。

一つ一つの行動をとやかく言われると誰だってうっとうしがってその場から離れようとします。

子供は、成長すれば成長するほど、親が見ていないところで自然といろいろなことを経験して成長していてくれます。

ですので、そんなに子育てにムキになりすぎずに、ある程度距離感を持っていたほうが、子育てはうまくいくと思います。

思春期の時ほど、近づこうとしてしまうと関係性が崩れていってしまいます。

しっかりと子供の意見を尊重してあげてそれをあまりにも危険なこと以外は、成長を見守ってあげることが1番良い子育てではないでしょうか?

最新記事

すべて表示

こんにちは。 体操教室、大人数でされているところですと10名以上の子供たちでレッスンしているところがあるかと思います。 10名以上おられる、コーチが2、3名おられるときめ細やかく丁寧に指導できるかと思います。 しかし、コーチが1人になってしまうときめ細かく丁寧に指導するのはなかなか難しいかと思います。 こちらの1番良い環境を考えると、少人数でそしてあまり大きなスペースではなく狭いスペースで。順番を

おはようございます。 野球で体のキレを作るためのトレーニングでは、肩甲骨や股関節の動きが非常に大切です。 その中でも大きい骨、股関節の動きを高めてあげることにより、体のキレはよくなってきます。 逆に言うと、股関節の動きが悪くなってきてしまうとどうしても体のキレがなくなってきてしまいます。 ですので、できるだけ股関節の動き、調子を高めてあげる事が体のキレを作る上で非常に大切になってきます。 そのため

おはようございます。 今の時期、1年を通して一番寒い時期ですが、この時期に、レッスンを集中して60分しやすい時期になります。 寒い時期ですと、寒さは体を温めていくとあまり気にならずに体を動かすことができます。 しかし夏の暑い時期です、最初から湿度が高くそしてひのあたる場所に行