• 森雅昭

自閉スペクトラム症(ASD)自閉症・高機能自閉症・アスペルガー症候群、運動スポーツ教室で個別個人指導なら大阪と京都の森雅昭に。

自閉スペクトラム症(ASD)」は、コミュニケーション・対人関係の困難とともに、強いこだわり・限られた興味を持つという特徴がある発達障害です。 「スペクトラム」とは、「連続している」という意味で、ASDには、自閉症・高機能自閉症・アスペルガー症候群などが含まれます。

コミニケーションや対人関係が難しい部分、周りとの集団の協調運動が苦手だったりします。その場合に、無理に集団のところに入ってしまいストレスを抱えながらやってしまうと上達がうまくできなかったりします。

その場合には無理に集団のところに入るのではなく、個別個人指導の運動やスポーツを通して、自分に合ったペースでゆっくりと成長しつつそして強いこだわりや、限られた興味を有効活用して、ある程度好きなことをしていただきながら運動やスポーツを楽しみながら発育発達にもつなげていただければなと思います。

こちらは長年個別個人指導にこだわりレッスンさせていただいております。

その中で自閉症スペクトラムの生徒さんも家族指導経験を持っております。

こちらが、率先して指導すると言うよりコミニケーションを図りながら信頼関係を得ることにより、やりたくない事はあえて無理をせずにやらずにやりたいことを優先的にさせてあげることによりストレスを抱えることなく楽しく運動しながらそして信頼できる指導者とともに成長できていてくれると思います。

今現在、集団での体操教室でうまくいかなかったりまたは、調節がうまくできてない場合などこちらの個別個人指導のレッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

個別個人指導を極めてやっておりますので普通の体操教室ではない独特のリズムとスピードで運動をしていただきます。

コミニケーションも多くとりますので、話が長いと思われるかもしれませんが、適切なタイミングでそして適切な運動していきますので、そのコミニケーションの時間もプラスにつなげる自信があります。

ぜひとも大阪や京都で個別個人指導スポーツ運動のことでお悩みでありましたらこちらにご連絡いただければなと思います。

本日はここまでになります。

今後も、自閉症スペクトラムや運動やスポーツの事についてどんどんアップさせていただこうと思いますのでお時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成