• 森雅昭

自閉症スペクトラムの子供に取り入れたい運動、スポーツ、体操について

自閉症スペクトラムの子供に取り入れたい運動やスポーツ体操についてお話しさせていただきます。

自閉症スペクトラムの奥様にある程度共通して言える事は、手と足の協調運動が苦手なことや、体が緊張しすぎていたりまたは脱力しすぎたりしていたりします。

まず初めに、運動をする上で大切になる体の動きが、両足でジャンプしたりまたはケンケンをしたりするジャンプ系の動きが非常に大切になってきます。

この動きを、まずはフラフラすることなくできる事を目指しそれができるようでありましたら、その場所で移動することなくジャンプし続けることができるかどうかが大切です。

それもできるようでありましたら前ににジャンプしながら、ケンケンしながら進んでいくということをやってみてください。

自閉症スペクトラムのお子さんに共通して言える事は、両足ジャンプの時に、足がバラバラに上がってきたり、バラバラに着地したりしてしまいます。

これは、特性でもあったりしますのでしっかりと次のステップに焦らずに進ませてあげるのではく、できるまでやってみてください。悪い癖をつけることなく縄跳びを練習する時などに非常に大切になってきます。

ある程度ここまでできるようになりましたら、比較的、足腰の力もついてきて、なおかつバランスも良くなってくると思います。

どの運動にもこのジャンプ系の動きは非常に大切になってきますので親子で練習してみたり、または体操教室でされるかと思います。成長はどうしても緩やかな成長になるかと思いますが、あせらずゆっくりとお子様の成長を見守りながら運動を楽しくしていただければなと思います。

本日はここまでになります、今後も運動やスポーツについて情報発信させていただこうと思っております。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた