• 森雅昭

自閉症スペクトラムの軽度の子供さんに、運動指導することによって、発育発達の成長につながる

大阪と京都でスポーツ家庭教師(MORIトレ)をさせていただいています森雅昭と申します。

本日は、自閉症スペクトラムの軽度の子供さんに運動指導することによって発育発達の成長につながると言うお話をさせていただこうと思います。

こちらは、10年以上のスポーツ家庭教師、個別個人指導の経験をもとに指導させていただいております。その中でご要望が多いのは自閉症スペクトラムのお子さんに運動指導してほしいと言うご依頼をたくさんいただきます。

個別個人指導となりますと療育でお世話になると言う方が多いかと思います。

こちらは、療育の良い部分もプラスにさせていただきながらも、独自の運動指導を用いて自閉症スペクトラムのお子様にも運動指導通して今よりも少しでもできることを増やすまたは得意なことを増やすことをもとに運動指導をさせていただいております。

自閉症スペクトラムの軽度の子供さんですと、コミニケーションが取れたり、見本を見せたとしても見て言ってくれたりします。

このコミュニケーションを取るまたは見本を目で見てくれていると言うだけで、何かを学ぶ上で上達が早くなります。

自閉症スペクトラムの軽度の子供さんでありましたら、少人数の23人のグループレッスンでもレッスンが可能な時がございます。

個別個人指導でお子さんに合わせて指導すると言うことも非常に大切ですが、グループレッスンの良い部分は、できないことをできる子が引っ張ってあげることによってできないこともできるようになったりするというのが少人数制のグループレッスンの非常に長所だと思います。

後は集団での行動を学ぶ上でもあまりにも大人数すぎてしまうとストレスを感じてしまうこともあるかと思いますが23人でありますとさほどストレスを大きく変えることなく楽しみながらそして上達を実感しながら運動に取り組めると思います。

こちらでは、個別個人指導で大阪や京都で直接指導させていただいております。契約状況にもよりますが、もしご都合が合えばぜひともお問い合わせいただければなと思います。

本日は以上になります。

今後とも発達障害、自閉症スペクトラムの運動指導についてまたは子育てについて情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた