• 森雅昭

自閉症スペクトラムの軽度の子供さんに、運動指導することによって、発育発達の成長につながる

大阪と京都でスポーツ家庭教師(MORIトレ)をさせていただいています森雅昭と申します。

本日は、自閉症スペクトラムの軽度の子供さんに運動指導することによって発育発達の成長につながると言うお話をさせていただこうと思います。

こちらは、10年以上のスポーツ家庭教師、個別個人指導の経験をもとに指導させていただいております。その中でご要望が多いのは自閉症スペクトラムのお子さんに運動指導してほしいと言うご依頼をたくさんいただきます。

個別個人指導となりますと療育でお世話になると言う方が多いかと思います。

こちらは、療育の良い部分もプラスにさせていただきながらも、独自の運動指導を用いて自閉症スペクトラムのお子様にも運動指導通して今よりも少しでもできることを増やすまたは得意なことを増やすことをもとに運動指導をさせていただいております。

自閉症スペクトラムの軽度の子供さんですと、コミニケーションが取れたり、見本を見せたとしても見て言ってくれたりします。

このコミュニケーションを取るまたは見本を目で見てくれていると言うだけで、何かを学ぶ上で上達が早くなります。

自閉症スペクトラムの軽度の子供さんでありましたら、少人数の23人のグループレッスンでもレッスンが可能な時がございます。

個別個人指導でお子さんに合わせて指導すると言うことも非常に大切ですが、グループレッスンの良い部分は、できないことをできる子が引っ張ってあげることによってできないこともできるようになったりするというのが少人数制のグループレッスンの非常に長所だと思います。

後は集団での行動を学ぶ上でもあまりにも大人数すぎてしまうとストレスを感じてしまうこともあるかと思いますが23人でありますとさほどストレスを大きく変えることなく楽しみながらそして上達を実感しながら運動に取り組めると思います。

こちらでは、個別個人指導で大阪や京都で直接指導させていただいております。契約状況にもよりますが、もしご都合が合えばぜひともお問い合わせいただければなと思います。

本日は以上になります。

今後とも発達障害、自閉症スペクトラムの運動指導についてまたは子育てについて情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成