• 森雅昭

自閉症スペクトラム、発達障害のあるお子様の鉄棒逆上がりについて 大阪、京都

鉄棒の逆上がりについて本日はお話しさせていただこうと思います。 その前に、2020一年5月の1日から6月の19日まで1年間の活動日を集めるクラウドファンディングをさせていただいております。 ぜひこの期間に、私の勝手な挑戦に少しでもお力を貸していただける方がおられましたら、ご支援いただけるとうれしいです。 では、早速本題に入らせていただこうと思います。

自閉症スペクトラム、端障害のあるお子様が鉄棒の逆上がりを挑戦とするとなると、まず克服しないといけない事は回ることへの恐怖心なくすことです。 自閉症スペクトラム発達障害のあるお子様は、すごく感覚過敏になったり、繊細ですので少しでも足を上げることへの恐怖心などがあったりします。 そこでまずは、逆上がり専用のベルトを使いながら、お父様お母様が補助してあげることにより、まずは回ることへの恐怖心をなくしてあげてください。

その時にすごく怖がる様子でありましたが無理に回してあげることなく徐々に足をあげることだけに集中して、それを慣れてもらいながらいけそうであれば徐々に足だけを上げる練習を行いつつ、恐怖心がなくなってきたところで回してあげて下さい。

とにかく、恐怖心をつけることなく、徐々に進めてあげてください。 いちど恐怖心をつけてしまうとなかなか2回目以降チャレンジしてもらうことができなくなりますので、すごく気長に練習してみてください。

恐怖心がなくなっていけば、徐々に1人で回転することに挑戦してみてください。ベルトがあった場合でもうまく回れない場合は、鉄棒の下あたりに少し片足だけ乗せれる台を置いてあげてその台を蹴って足を上げる練習を行ってみてください。 それができるようになりましたら後はすごく大切な、ベルトがなくてもしっかりと体を支えれる腕の力をつけていくことに専念してください。

鉄棒のほとんどは8割ほど、自分の体を支えれる腕の力があるかないかで逆上がりができるかできないかが大きく変わってきます。ですので、腕の力をつける、斜め懸垂または腕立て伏せなどをできれば毎日のように、できなければ2日に一塊ほど10回× 3セットをやっていくことにより腕の力を徐々につけていくことができます。 これは、年齢が若ければ若いほど体重が軽ければ軽いほど腕の力をつけやすくなります。これが小学校6年生に近づけば近づくほど、体中が重くなり自分の体を支えるまでに腕の力をつける時間が長くなってしまいます。

ですので今この文章を読んでいただいたお父様お母様は、今すぐにでも息子さんや娘さんの逆上がりのための腕の力をつける練習を行ってください。 逆上がりとてもシンプルですが、練習に取り組む順番や、どこに力を注いで練習をするかによって成功できるか成功できないかがかなり決まってきます。

ぜひとも、この文章が皆さんのお力になれることを願っております。 こちらでは、日ごろからスポーツ、運動の事について書かせていただいております。 もしお時間があれば最後まで読んでいただけるとうれしいです。

たまにというか頻繁に、誤字脱字があるかと思いますが、温かい目で見過ごしていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成