• 森雅昭

褒めてもらえるか、怒られるか気にしすぎてしまい、チラチラ見てしまう。

おはようございます。

本日は、褒められるから、怒られるかを気にしすぎてしまい相手のことをチラチラ見てしまう癖がつくについてお話しさせていただこうと思います。

運動する上でやはり褒められてもらうことが1番嬉しいと思います。

逆に、間違った動きをしてしまい怒られることが気になってしまうこともあります。

いずれにしても、角にほめられすぎたり、角に怒られすぎてしまうと、相手のことが気になってしまい、実際動きを始めようとしたときに相手のことをチラチラ見てしまったりまたはその運動が終わった後に、相手の様子が気になってしまいチラチラ見てしまう癖につながってしまいます。

この癖が、ついてしまうと年齢が大きくなってもなかなか取り除くことが難しい癖になってしまいます。

相手の評価ばかり気にしすぎてしまうので、自分の思い通りの動きを自信を持ってすることができなくなる可能性があります。

小さい時から、褒める人、怒る人は、一喜一憂しすぎずに、見て見ぬふりをしてあげることも1つ子育てをする上で大切なことではないでしょうか?

変に消化をせず、遊びと言うことを大切に楽しみながら、運動する事を前提にしてあげると、チラチラ見る癖はほとんどないと思います。

日ごろから、褒めすぎてしまっている、起こりすぎてしまっていると言うことでしたら、遊びを通して楽しみながら、体を動かすことにチェンジしてみてはいかがでしょうか?

本日は以上になります。

今後もいろいろな情報発信させていただこうと思います

最新記事

すべて表示

こんにちは。 交野市で体操教室や、スポーツ教室をお探しでしたら、こちらはいかがでしょうか? こちらのMORIトレでは、キッズ、幼児から創れる体操教室を今現在は土曜日毎週開催させていただいております。 少人数制にこだわり、最大3名までの募集とさせていただいております。 人数を少なく

箕面市の百楽荘、桜井、桜が丘でも、逆上がりや、縄跳びの前とび、水泳などの指導をしています。 プライベートを間個別個人指導ですので、わかりやすく丁寧に一人ひとりにコミュニケーションをとりながら指導させていただいております。 小学校の受験対策のようなこともさせていただいております。

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか