• 森雅昭

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。

逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。

年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。

さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツについてお話しさせていただきます。

逆上がりで大切な事は回転する力と腕を引く力が大切になってきます。この2つの力をつけることによって逆上がりができるようになってきます。

まず回転力を身に付けるためには、ネットショップで売っているくるりんベルトなどを用いて鉄棒に引っ掛けて勢いよく足を上げることによって比較的簡単に回転することができます。

この回転する力をどんどん速く回転できるようになることによって、ベルトがなくなった後そして腕の力がついた後に勢い良く逆上がりをすることにつながっていきます。

次に腕を引く力ですが、この腕を引く力が逆上がり80%ほど大切になってきます。この腕を引く力がないと逆上がりの成功は遠くなってしまいますので、地道にコツコツとやってみてください。

どういうことをすれば良いかといいますと、斜め懸垂や、腕立て伏せまたは膝をついた腕立て伏せが大切になってきます。

実践的にする場合は斜め懸垂が1番オススメですが、なかなか公園に行くことができないまたは室内鉄棒がない場合は練習ができなかったりしますので、その場合は代用する腕立て伏せまたは膝をついた腕立て伏せをすることによって腕を鍛えることができます。

このトレーニングを10回、3セットまたは5セットを簡単に出来るようになってくれば腕を引く力はだいぶ備わってきています。

後は、実際の鉄棒でしっかりと腕を引きながらそして足を上げて回転する事を怖がらずにできれば逆上がりできるようになると思いますのでぜひとも諦めずにコツコツと頑張ってみてください。

本日は以上になります。

今後も逆上がりのコツ教え方について情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。本日もありがとうございました。

最新記事

すべて表示

こんにちは。 交野市で体操教室や、スポーツ教室をお探しでしたら、こちらはいかがでしょうか? こちらのMORIトレでは、キッズ、幼児から創れる体操教室を今現在は土曜日毎週開催させていただいております。 少人数制にこだわり、最大3名までの募集とさせていただいております。 人数を少なく

箕面市の百楽荘、桜井、桜が丘でも、逆上がりや、縄跳びの前とび、水泳などの指導をしています。 プライベートを間個別個人指導ですので、わかりやすく丁寧に一人ひとりにコミュニケーションをとりながら指導させていただいております。 小学校の受験対策のようなこともさせていただいております。

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか