• 森雅昭

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。

逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。

年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。

さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツについてお話しさせていただきます。

逆上がりで大切な事は回転する力と腕を引く力が大切になってきます。この2つの力をつけることによって逆上がりができるようになってきます。

まず回転力を身に付けるためには、ネットショップで売っているくるりんベルトなどを用いて鉄棒に引っ掛けて勢いよく足を上げることによって比較的簡単に回転することができます。

この回転する力をどんどん速く回転できるようになることによって、ベルトがなくなった後そして腕の力がついた後に勢い良く逆上がりをすることにつながっていきます。

次に腕を引く力ですが、この腕を引く力が逆上がり80%ほど大切になってきます。この腕を引く力がないと逆上がりの成功は遠くなってしまいますので、地道にコツコツとやってみてください。

どういうことをすれば良いかといいますと、斜め懸垂や、腕立て伏せまたは膝をついた腕立て伏せが大切になってきます。

実践的にする場合は斜め懸垂が1番オススメですが、なかなか公園に行くことができないまたは室内鉄棒がない場合は練習ができなかったりしますので、その場合は代用する腕立て伏せまたは膝をついた腕立て伏せをすることによって腕を鍛えることができます。

このトレーニングを10回、3セットまたは5セットを簡単に出来るようになってくれば腕を引く力はだいぶ備わってきています。

後は、実際の鉄棒でしっかりと腕を引きながらそして足を上げて回転する事を怖がらずにできれば逆上がりできるようになると思いますのでぜひとも諦めずにコツコツと頑張ってみてください。

本日は以上になります。

今後も逆上がりのコツ教え方について情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。本日もありがとうございました。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成