• 森雅昭

速く走るうえで緊張と緩和は大切。

速く走るため、足を速くするうえで筋肉を素早く動かす必要があります。

それには、リラックスした状態で走ることが必要です。

筋肉自体が、緩んだり縮んだりすることにより動きます。

その筋肉が、緊張しすぎていたり緩んでいたりしすぎると素早く動くことができません。

ですので、トレーニングの段階から程良い緊張と緩和を繰り返す練習が必要です。

しかし、厳しいコーチや指導者との練習だとかなりの緊張感の中でミスを犯さないように練習をするプレッシャーから、体が硬くなってしまいうまく緊張と緩和が取れないまま練習をしてしまうことになります。

このようなトレーニング練習をしてしまうといざ本番に弱くなってしまったり、柔軟性のない体作りになります。

逆に、優しい指導者になると緊張感がない分、練習がだらけてしまったり、時間が長い指導になってしまい、程良い緊張感がなく瞬発力や俊敏な動きを身に付けるトレーニングの精度が落ちてしまいます。

良い指導者は、緊張と緩和をちょうどバランスよく組み込みながらトレーニングや練習が良いです。

これは指導経験をすればある程度わかってくる部分かなと思います。

しかし、昔から厳しい指導しかされてこなかった指導者は、厳しい指導になりがちですし、優しい指導者に指導されてきた指導者は、緊張感のない指導になってしまいがちです。

いろいろなことを経験しながら、ちょうど良いバランスを保ちながら指導できる指導者を目指してみると、さらに今よりも子供たちは運動楽しくできたりまたはスポーツ能力の向上ができます。


最新記事

すべて表示

こんにちは。 交野市で体操教室や、スポーツ教室をお探しでしたら、こちらはいかがでしょうか? こちらのMORIトレでは、キッズ、幼児から創れる体操教室を今現在は土曜日毎週開催させていただいております。 少人数制にこだわり、最大3名までの募集とさせていただいております。 人数を少なく

箕面市の百楽荘、桜井、桜が丘でも、逆上がりや、縄跳びの前とび、水泳などの指導をしています。 プライベートを間個別個人指導ですので、わかりやすく丁寧に一人ひとりにコミュニケーションをとりながら指導させていただいております。 小学校の受験対策のようなこともさせていただいております。

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか