• 森雅昭

速く走るための走り方、腕の振り方、足の動かし方など上達を目指すなら大阪と京都のMORIトレ

速く走るためには、がむしゃらに走ってしまうと余計にスピードダウンにつながります。

速く走っている人は力のロスをなくし、そして力むことなくスムーズに体を動かしたりまたは前に進んでいます。

そのためには、腕の振り方や足の動かし方または体重移動が必要になります。

考えすぎてしまうと頭がこんがらがってしまい余計に訳が分からなくなってしまいますが、一つ一つの動作を丁寧に基本を行っていくことにより理想の速く走るための走り方が身に付くことができます。

ここで注意点ですが、生まれながらに内股やまたは体が猫背になっている場合、なかなか改善する事は難しいと思います。

しかし、それを補うための他の部分を伸ばしてあげることにより今よりも速く走ることができるようになると思います。

こちらでは個別個人指導中心子速く走るための指導をさせていただいております。

今現在腕の振り方がわからないまたは肘が伸びてしまう、足の動かし方がわからない、足を早く動かすことができないなど早く走るための疑問点がありましたらいつでもこちらにご連絡ください。

こちらのお伝えできる範囲で全力でサポートさせていただきます。

こちらは、大阪と京都で活動しておりますが、移動できる距離が限られておりますので、こちらのエリア外の方はこちらのエリアの中まで来ていただきますとレッスンが可能になります。

ぜひともこのブログを読んでいただいたご縁がありますのでぜひいちどご連絡いただけるとうれしいです。

今後ともこちらのブログでは、運動やスポーツまたは子育ての事についてアップさせていただきますので見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた