• 森雅昭

速く走るため、足を速くするために大切な事は、力を入れすぎることなくその力を入れたり抜いたりできる速さが大切。MORIトレ

夏が終わり、秋から冬に移りがろうとしています。

朝晩かなり寒くなってきましたので12分に暖かい格好して体調崩されないようにしてみてください。

まだまだコロナの影響もありますので、体調管理12分に気をつけて過ごしてみてください。

本日のお題ですが、足を速くする、速く走るために、力を入れすぎてしまうより、力のオンオフを使い分けて上げることにより速く走れる、足を速くすることができることを本日お話しさせていただこうと思います。

スポーツをしている上で足を速くする、走るを速くすると言う事は競技力向上にすごく大切になってきます。

どうしても電源がんばりすぎてしまうと青食いしばったりまたは力を全身に入れてしまうことがあります。

体を早く動かす上で、大切な事は筋肉は伸びたり縮んだりすることで早く動いたりすることになります。しかし力を入れすぎてしまうとその筋肉の収縮がうまくできずに逆に遅い動きになってしまい競技力の低下などにつながってしまいます。

ですのでいかにリラックスしながらも、筋肉の収縮をうまくコントロールまたは向上して行くことが今よりも速く走るきっかけにつながっていきます。

常にタイムを取る練習などをしてしまうと緊張やまたはストレスから体を素早く動かす事ができなくなり常に力の状態で体を動かすことを覚えてしまうきっかけになってしまいます。

年齢が若ければ若いうちはタイムにこだわらずしっかりと遊びを通して体の使い方を学んでいく必要があります。

速く走ると言う事はメンタルスポーツになります、どのスポーツよりもかなりのメンタルを必要となりそのメンタル1つでタイムも大きく変わってきます。

楽しみながら、リラックスして最大の力を発揮できると言う方法を遊びを通して学んでいきつつその中でしっかりと体の使い方を向上させることによって今よりも速く走るまたは足を速くする危険があります。

そうするうちに体の力の使い方をオフを学ぶことにより今よりも速く走れることになります。

ぜひともを楽しみながら遊びを通して体動かしてみてはいかがでしょうか?本日は以上になります今後もいろいろな情報発信させていただこうと思います。

またお時間ある時に見ていただけるとうれしいです

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成