• 森雅昭

運動が苦手な子供のための個別個人指導の体操教室なら大阪や京都またはオンラインですと全国でしています。

大阪や京都またはオンラインですと全国で運動が苦手な子供のための個別個人指導又は少人数の体操教室をさせていただいております。運動が苦手な子は、小さい時から褒められることが少なかったりまたはできること子の能力の高さに気づいてしまい自分に自信をなくしたり、体を思い通りに動かそうとしても動くことができなかったりと様々な要因で運動が苦手という思いになっていると思います。

ここで大切な事は、運動が苦手なら苦手な裏に細かく丁寧にそして気長に運動やスポーツに取り組んでいく必要があるということです。

レッスン料金は安い、体操教室等に通う事になると運動能力にばらつきがあり余計に自信をなくしたりすることが多くあります。

しかし個別個人指導です、自分自身の運動の能力に合わせてコーチが指導してくれたりしますので楽しくそして長続きしながらその間に運動能力を身に付けることができます。

しかし弱点としては1回の指導料金がすごく高いと言うことになります。

ですが、子供の苦手意識を取り除くためには、個別個人指導から初めてそしてだんだん力がついてくると集団の体操教室に通わせてあげることをお勧めしております。

1回、苦手意識をつけてしまうと自信をつけるまでにかなりの時間がかかってしまうというのが本音です。ですのでコツコツと時間をかけつつそして丁寧に教えてあげつつそしてお子さんの運動能力を否定することなくしっかりとちゃんと認めてあげて楽しく体を動かしていくことが良いかと思います。

こちらでは、楽しくコミュニケーションをとりながら今できることをしっかりと取り組んでいきながら気長にできなかったとしても挑戦していくと言うことを諦めずにやっていくことによって今よりも運動が得意になっていきます。

ぜひともお父様、お母様も今運動が苦手だからと言って運動スポーツから遠ざかってしまうと余計に苦手になってしまいます。

本当に子供が運動が苦手なままでいいと言うのでありましたら無理やりさせる事は無いですが子供が何か調達したいと言う思いがありましたらいちどこちらにご相談頂けましたらお力になりたいと思います。

ここまでになります。今後もスポーツや運動について情報を発信させていただきます。お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成