• 森雅昭

陸上競技の100メートル競走で日本人が9秒台をコンスタントに出すためには

スポーツ家庭教師の森です。 本日は陸上競技の100メートル競走で日本人が9秒台をコンスタントに出すためにはどうしたら良いかと言う話をさせていただこうと思います。

長年、日本人が9秒台を出すことが不可能と言われていた時代がありましたが、ここ最近の競技力の向上により日本新記録が乗り換えられました。 速く走ると言う事は、今まで以上の自分よりも速く体を進む必要があります。 しかし人間は、同じ動きを同じパワーでずっとやり続けてしまうとその力で体が覚えてしまいそれ以上の力を発揮することができなかったりします。 速く走る動物で日ごろからずっと走り回っている動物はなかなかいません。必要な時に自分自身の最大限の力を使うことにより早く体を動かすことができますが、今の陸上界の練習では、ウォーミングアップから練習が終わるまで1時間半など時間をかけながら練習しています。 その間ずっとダラダラとした練習が続くことが多いです。 目的は速く走るため今までよりも速く走るためとなりますとウォーミングアップを含めて30分ほどで終わらしそれを日々繰り返していく方が速く走ると言う上では大切な習慣になると思います。 1階体がその速さを身に付けた後ずっと同じことをしていると体がその動きよりも速く動かそうとしなくなります。練習が終わったらすぐに栄養補給した後、ぼーっと何もしない時間を作ったり後は睡眠に当てることにより体の朝回復をしつつそして良い動きを身に付けていくことが可能になります。 ですので、極端に言うと30分練習をして、残りのほとんどの1日を何もせずにリラックスして過ごす、そして雨の日や、風が強い日等の試合には出場せずに、絶好の晴れた環境の良い日にタイムを計測することによって今までよりも速いタイムを出すことができるのではないでしょうか?

日本人は、頑張りすぎるところがありますので質の良い練習を行うことにより今よりも競技力の向上を目指してはいかがでしょうか? 本日はここまでになります今後もスポーツや運動の事についてどんどん発信させていただこうと思っております。ぜひともお時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成