• 森雅昭

ADHDの習い事お勧めのスポーツ運動編について

本日は、ADHDの習い事のおすすめについて運動スポーツ編でさせていただきます。

ADHDは、どうしても、注意散漫になってしまいコーチの指示が通らなかったりまたは友達のお手本を見て学ぶと言うのが苦手だったりします。

そこで無理に集団で体操教室や、スポーツ教室を習ってストレスを溜めて運動が嫌いになるよりも、個別個人指導なので優しく丁寧に時間をかけながら運動を楽しみながら運動能力をつけていくと言うことをお勧めしております。

とにかく、運動を楽しみながらそして体を動かす事と言う気持ちを失うことなく長く成長とともに体を動かしてもらうことが1番発育発達に良い影響を与えます。

スポーツです、個別個人指導なので前回り、後ろ回り、逆上がり、縄跳びなどが良いと思います。

遊びです、山登り、木登り、トランポリンなどが良いかと思います。

この時に、とにかく見ている側、お父様お母様または指導者が気長に、そして楽しみながらできる環境を整えてあげることにより少しずつスモールステップながらも、成長していってくれると思います。


本日はここまでになります。今後も、発達障害のことなどについて情報発信させていただきます。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。



最新記事

すべて表示

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか

おはようございます。 鉄棒の逆上がりの個別個人指導、またはマンツーマン指導のことでしたら、ここにお任せください。 こちらは、スポーツ家庭教師を通して一人一人丁寧に指導させていただいております。 お住まいが、枚方市、八幡市、寝屋川市、交野市でしたらこちらが出張でご自宅近くの公園または室内鉄棒がありましたらそちらまでお伺いさせていただいております。 一応な事は改善することの恐怖心をなくすこと、腕を引く

ボール種目の上達は、とにかくボールに触れている時間を増やすことが大切です。 ボールをうまく投げれない、ボールを蹴ることができないなどの理由は、体に無駄な力が入っている証拠です。 なぜならその力を抜く事により体をスムーズに動かしてボールをうまく扱うことができます。 そのためには、と