• 森雅昭

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。

逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。

回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。

この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。

力が入りすぎてしまっていたりまたはタイミングが間違っていたりなど様々あるかと思います。

この動きを習得するには、くるりんベルトなどのベルトの補助が必要になってきたり後はサポートが必要かと思います。

それでも回転運動がなかなか難しい場合は、腕のひきつけの力だけでする逆上がり、懸垂逆上がりをお勧めしております。

懸垂逆上がりは、腕のひきつけをしながら勢いつけることなく力任せで体を持ち上げてそのまま腰のところに鉄棒を引っ掛けることです。

かなりの腕の力が必要になってきますので、小さいお子さんやまたは筋肉が付きやすい、中学校高校以降のお子さんですと、腕だけの力だけでこの懸垂逆上がりはできるようになるかと思います。

この懸垂逆上がりができた後に、ベルトを使い、回転を身に付けることにより、小学校でする回りながらの逆上がりができるようになるかと思います。

ですので、今現在回転しながら逆上がりでなかなか成長ができていないと言う場合ですと1度腕の力をたくさんつけて懸垂逆上がりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

腕の力をつけるためには鉄棒を持ち斜め懸垂をしてみたりまたは膝をついて腕立て伏せをしたりそれができるようでありましたら膝をつかずに腕立て伏せをすることによって力がついてきます。。

地道な日々のトレーニングが必要になってきますが、いちど参考に挑戦していただければうれしいです。

今後も、逆上がり、発達性協調運動障害について日々アップロードさせていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

本日も皆さんにとって良い1日になりますように。

最新記事

すべて表示

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか

おはようございます。 鉄棒の逆上がりの個別個人指導、またはマンツーマン指導のことでしたら、ここにお任せください。 こちらは、スポーツ家庭教師を通して一人一人丁寧に指導させていただいております。 お住まいが、枚方市、八幡市、寝屋川市、交野市でしたらこちらが出張でご自宅近くの公園または室内鉄棒がありましたらそちらまでお伺いさせていただいております。 一応な事は改善することの恐怖心をなくすこと、腕を引く

ボール種目の上達は、とにかくボールに触れている時間を増やすことが大切です。 ボールをうまく投げれない、ボールを蹴ることができないなどの理由は、体に無駄な力が入っている証拠です。 なぜならその力を抜く事により体をスムーズに動かしてボールをうまく扱うことができます。 そのためには、と