• 森雅昭

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。

逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。

回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。

この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。

力が入りすぎてしまっていたりまたはタイミングが間違っていたりなど様々あるかと思います。

この動きを習得するには、くるりんベルトなどのベルトの補助が必要になってきたり後はサポートが必要かと思います。

それでも回転運動がなかなか難しい場合は、腕のひきつけの力だけでする逆上がり、懸垂逆上がりをお勧めしております。

懸垂逆上がりは、腕のひきつけをしながら勢いつけることなく力任せで体を持ち上げてそのまま腰のところに鉄棒を引っ掛けることです。

かなりの腕の力が必要になってきますので、小さいお子さんやまたは筋肉が付きやすい、中学校高校以降のお子さんですと、腕だけの力だけでこの懸垂逆上がりはできるようになるかと思います。

この懸垂逆上がりができた後に、ベルトを使い、回転を身に付けることにより、小学校でする回りながらの逆上がりができるようになるかと思います。

ですので、今現在回転しながら逆上がりでなかなか成長ができていないと言う場合ですと1度腕の力をたくさんつけて懸垂逆上がりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

腕の力をつけるためには鉄棒を持ち斜め懸垂をしてみたりまたは膝をついて腕立て伏せをしたりそれができるようでありましたら膝をつかずに腕立て伏せをすることによって力がついてきます。。

地道な日々のトレーニングが必要になってきますが、いちど参考に挑戦していただければうれしいです。

今後も、逆上がり、発達性協調運動障害について日々アップロードさせていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

本日も皆さんにとって良い1日になりますように。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成