• 森雅昭

発達障害のお子さんの習い事でふざけてしまうことについて/MORIトレ

発達障害のお子さんの習い事について悩まれているお父様お母様多いかと思います。

周りの空気を読めなかったりまたはお友達との関係性を作れず、順番待ちをしているときに前のお友達を押してしまったり、お話をしてしまったりと習い事の教室でふざけてしまったり、騒いでしまったりすることがあるかと思います。

年齢を重ねるにつれて、空気を読むこと、人との関わり方について学んでいき徐々にふざけたりすることが少なくなっていくと思います。

しかし、年齢が若ければ若いほどそういったところがまだまだ未発達な部分がありますので、小さいうちは個別個人指導として、まずは習い事の上達を目指して行き、胸が大きくなるにつれて集団のグループレッスンの教室に通わせてあげると言うのが良いかと思います。

場所によっては、習い事教室を断られたり、習い事教室に行きづらくなったりしてしまうことがあり心を傷つけるよりかは、理解していただける指導者と個別個人指導で共に成長を目指していく方が良いかなと思います。

本日はここまでになります。

今後も発達障害の習い事について情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時にまた見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

「そんなバカな博打みたいなことをやめなさい」 と何度言われたことが、 まったく聞く耳を持たなかったというか、 これが人生すべてを賭けてるだけの値打ちがある世界だ。 本当に今自分のやりたいことに熱中することができるか、どれだけ人に馬鹿にされようが人生かけてそれをやり聞きたいことか

おはようございます。 鉄棒の逆上がりの個別個人指導、またはマンツーマン指導のことでしたら、ここにお任せください。 こちらは、スポーツ家庭教師を通して一人一人丁寧に指導させていただいております。 お住まいが、枚方市、八幡市、寝屋川市、交野市でしたらこちらが出張でご自宅近くの公園または室内鉄棒がありましたらそちらまでお伺いさせていただいております。 一応な事は改善することの恐怖心をなくすこと、腕を引く

ボール種目の上達は、とにかくボールに触れている時間を増やすことが大切です。 ボールをうまく投げれない、ボールを蹴ることができないなどの理由は、体に無駄な力が入っている証拠です。 なぜならその力を抜く事により体をスムーズに動かしてボールをうまく扱うことができます。 そのためには、と