• 森雅昭

発達障害のお子さんの習い事でふざけてしまうことについて/MORIトレ

発達障害のお子さんの習い事について悩まれているお父様お母様多いかと思います。

周りの空気を読めなかったりまたはお友達との関係性を作れず、順番待ちをしているときに前のお友達を押してしまったり、お話をしてしまったりと習い事の教室でふざけてしまったり、騒いでしまったりすることがあるかと思います。

年齢を重ねるにつれて、空気を読むこと、人との関わり方について学んでいき徐々にふざけたりすることが少なくなっていくと思います。

しかし、年齢が若ければ若いほどそういったところがまだまだ未発達な部分がありますので、小さいうちは個別個人指導として、まずは習い事の上達を目指して行き、胸が大きくなるにつれて集団のグループレッスンの教室に通わせてあげると言うのが良いかと思います。

場所によっては、習い事教室を断られたり、習い事教室に行きづらくなったりしてしまうことがあり心を傷つけるよりかは、理解していただける指導者と個別個人指導で共に成長を目指していく方が良いかなと思います。

本日はここまでになります。

今後も発達障害の習い事について情報発信させていただこうと思います。

お時間ある時にまた見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成