• 森雅昭

発達障害のボール投げ、バランスボール、ボールプールなど発育発達の上ですごく良い。MORIトレ

発達障害のあるお子様は、バランス能力や、協調運動、力の入れる力を抜く動作をすごく苦手だと思います。

そういった時に1番大切な事は、遊びを通しながらスモールステップで徐々にできるようにしていくということが非常に大切だと思います。


例えばボール投げの場合ですと、大きいボールですとうまく投げることができなかったりしますのでまずは小さなボールから自由にボールを投げるところからスタートして徐々に何か目標物を置きそこに当てるようにしていく練習をしていくと良いと思います。


バランスボールも最初上に乗ると言う事はかなり難しかったりしますのでボールを転がすまたは、おへそをつけて乗ってみるなど簡単なところから始めていきそしてバランスボールに慣れてきたところでバランスボールの上で正座をしてみたりと言う高度な技にもできるように少しずつなっていくかと思います。


ボールプールに関してですと、感覚過敏がある場合にに体を預けることによって、刺激を受けることにより感覚過敏が徐々に慣れていくこともあります。そして何より楽しくボールプールの上で寝転んだりまたはジャンプしたりすることにもよりバランス能力や運動能力が上がってきます。


本日は以上になります。いろいろなボールを使うことにより、発育発達の上で楽しみながら上達をすることができるようになります。

今後も八田障害のあるお子様に良い情報をご提示できるように日ごろからアップさせていただこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成