• 森雅昭

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。

こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。

その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。

最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。

全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前よりも圧倒的な力を発揮できていないと思いました。

しかし、このままで終わる選手ではないと思いますので、こちらが勝手に福島選手にコーチングした場合どういった流れで再び11秒台を出すお手伝いをできるか妄想してみました。

勢いよく飛び出する力は以前よりもあまり変わらないと思います。しかしそれ以降は、タイムを出さないといけないと言う力みもあったりしつつ力が入りすぎてしまっています。

力が入っている分、地面に接地している時間が長くなり、本来の福島選手の足の回転数を生かすことができていないように思います。

その影響があって、後半力みがさらに力みを生み上半身が立ちすぎてしまい、足だけの力に頼ってしまいスピードダウンしています。

まず、取り組むべき事は今までやってきたことをすべて全て捨て去ることが大切だと思います。

気持ちの面でそして技術的な面でもです。

今までの延長線でやっていたとしても記録がどんどん遅くなってしまう可能性があります。

ですので、新しい体の使い方、力の入れ方または抜き方をしていくことが良いかと思います。

膝に力が入りすぎてしまい、上半身にまでその力みがつながってきてしまっているのでまずは膝の力を抜きながら走ることを目指しその上で上半身をもう少し前傾にすることにより、後半も体が乗りスピードダウンにつながりにくくなるかと思います。

11秒台を出すのでありましたらあと1 2年が非常に大切な時期だと思います。

この2年の間に今までの自分を捨て去りそして新しいことに挑戦することができたらかなり良い結果が出るのではないかなと勝手に妄想しております。

本日はここまでになります。

今後もたまに妄想して勝手にアップさせていただこうと思います。

本日も最後までご視聴いただきありがとうございます。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成