• 森雅昭

筋トレで、体を大きくすることよりも、体の使い方を身に付けることで競技力や身体能力を上げることができる。

おはようございます。

スポーツ家庭教師でMORIトレをしている森雅昭です。

近年、筋トレがすごくブームになっております。

多くの芸能人がボディービルや、フィットネスをされるようになり、ビジュアル的にもすごくきれいになりますので大人気になってきております。

しかし、筋トレをしすぎてしまうとスポーツの競技の面ではマイナス部分になってしまうことが多くあります。

それが、年齢が若ければ若いほど、体の使い方を身に付ける前に体の力を強くしてしまったりまたは体を大きくしてしまうことにより体のセンサーがなくなってしまい自分の体をどう動かしていいのか分からなくなってしまいますので、競技力の向上や身体能力の向上につながっていくことが難しくなってしまいます。

モテたいから筋トレをすると言うことをしてしまったりビジュアル良くなりたいからと言うのはスポーツの競技を引退してからやっていただくことをお勧めします。

体の使い方は、筋トレをしてしまうとどうしても体重も重くなってきてしまいますので、後から、体の使い方を身に付けようとしたとしても上達スピードが鈍くなってきてしまったりそれ以上体の使い方を上手にすることができなくなってしまいます。

競技力が落ちてしまったと言う選手の多くがこの筋トレをしてしまうことにより、体のセンサーがなくなってしまい体の使い方を上手にできなくなってしまったために競技力を落としてしまう場面を多く見てきました。後は、体を強くすることにより、筋肉の柔軟性がなくなってしまい怪我のリスクをさらに高めてしまうことになります。

筋肉は常に柔軟でしなやかに保ってあげることが必要になります。疲労の蓄積により筋肉の緊張収縮がうまくできずに怪我のリスクにもつながってきますので、ストレッチはすごく大切ですが、ただ伸ばすストレッチではなく常に動的に動くためのストレッチをすることにより怪我のリスクを予防することができます。

本日はここまでになります、やたらに筋肉をつけると言うよりまずは体の使い方を身に付けてください。

今後も、スポーツや、運動面、子育ての事について随時情報を発信させていただこうと思います。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

福島千里選手を復活するには、再び11秒台を出すためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみた。

福島千里選手を再び11秒台に復活させるためにはどうしたらいいかを勝手に妄想してみました。 こちらは、大阪や京都でスポーツ家庭教師をさせていただいております。 その中で得た経験をもとに今では、MORIトレと名付けて活動させていただいております。 最近の福島選手の活動を見させていただくと、12秒台の記録を出されています。 全盛期は、11秒台で圧倒的な実力差を出しておられましたが、最近は多少年齢もあり前

逆上がり教え方コツ、3歳、4歳、5歳、6歳

本日は、逆上がりの教え方のコツについてお話しさせていただこうと思います。 逆上がりは、正直、年齢が若ければ若いほど体重が軽いので腕の聞く力が小さくそして書いてもしやすいのでスムーズに逆上がりができるようになると思います。 年齢が高くなるにつれて、背丈が伸び、体重も重たくなりますので、できるだけ早い時期に逆上がりの習得を目指すことをお勧めしております。 さて、本日の本題の逆上がりの教え方またはコツに

発達性協調運動障害(DCD)の逆上がりのコツや教え方について

発達性協調運動障害の逆上がりのコツや教え方について本日はご説明させていただこうと思います。 逆上がりは、回転運動と腕を引く力が非常に大切になってきます。 回転運動になると、協調運動がすごく必要になってきます。足を振り上げつつ上半身を逆さに向けると言うところが協調運動になるかと思います。 この動きがどうしてもバラバラになってしまうと回転がうまくすることができません。 力が入りすぎてしまっていたりまた