• 森雅昭

50メートル走のタイムが速くならない。練習方法、コツ、走り方について。大阪と京都で個別個人指導をしています。

スポーツ家庭教師の森 雅昭です。

本日は50メートル走のタイムが速くならない。ことについてお話しさせていただこうかなと思います。

今の時期です、小学校中学校高校ですと体力測定のために50メートル走を走ることが多いかと思います。

ある程度年齢が上がるにつれて50メートル走は背丈が伸びるとともにタイムが速くなっていきます。

背丈が伸びるとともにタイムが上がる理由については、足のストライド歩幅が広がることによりタイムが縮まることになります。

おのずと、めめが上がるにつれてタイムが縮まってきますので、焦ることなく小さい年齢から体の使い方を身に付けることが必要になります。

体の使い方はどういう風に使えば良いのかといいますと、まずは平走るとなるとどの方向に体を進めていくかを考える必要があります。上にぴょんぴょん走りで走ってしまうと滞空時間が長くなってしまいタイムのロスになってしまいます。

人にどれだけロスをなくしてまっすぐ走りたい方向に走れるかが非常に大切になってきます。

しかし速く走ろうとすればするほど力んでしまい体が飛び跳ねた走り方になってしまいます。

ここで大切な事は力まずにそして地面を蹴り過ぎないと言うことが大切になってきます。

地面を蹴りすぎてしまうと膝が伸びきってしまい、どうしても上に飛び跳ねた走り方になってしまいます。伸びきると言う事は力を最後の最後まで入れ続けて飲み切った後も入れ続けてしまっているのでどうしても膝が伸びきってしまいます。ですのでこの時に力の使い方的には、一瞬だけ地面を蹴ってその後はリラックスした状態に戻してあげることにより膝が伸び切らずに次の反対側の足を動かすことにつながります。

どれだけこの力のオンオフを早くできるかな足の回転数を決定づける1番重要なところになります。

ここを無視して力を入れれば入れるほど速く走れると勘違いしてしまうと50メートル走のタイムは年齢とともにどこかでストップしてしまいます。

力を入れずに早く走れると言うことを目標にトレーニングをしていくことをお勧めします。

本日はここまでになります。

今後も運動やスポーツについて情報を発信させていただきます。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成