• 森雅昭

YouTubeなどの、フィットネス動画はやらない方がいい。体の使い方を学びたいなら。

YouTubeなどのフィットネス動画が今現在コロナの中ですごく大ブームになっております。

女性の中で大ブームになっているというのをよく聞きます。

痩せるために、このフィットネス動画を使っていただくと言う事は非常に有効だと思います。

とにかく痩せるために必要な事は、毎日継続して少しでもいいので有酸素運動を取り入れていくことが非常に大切になります。

とにかく続けることが必要です。

ですのでそのためには楽しくそして応援してもらうことが非常に大切になってきます。

しかし、競技力の向上を目指す人が、このフィットネス動画をやり続けてしまうとどうしても疲労感がたまった中で体を動かしてしまうので変に体の力を使ってしまったり、体の癖がついてしまったりしてしまいます。

競技力の向上を目指す上で非常に大切な事は正しい動きを正しくつけると言うことが非常に大切になってきます。

しかし、どうしても昔ながらのやり方でやればやるほど身に付くと言う感じでやってしまうと、1回つけてしまったら変な癖を戻すのには非常に時間と労力がさらにかかってきてしまいます。

競技力の向上を目指す上で、小さい時年齢が若い時はとにかくいろんな動きを挑戦しつつも、本当に必要な動きを集中してそして体に覚え込ませる必要があります。

皆さん、結局いろんなことをやいろんなことを考えすぎてしまい無駄なことをして、逆に競技力の向上がうまくいかなかったりします。体を動かすことによって競技力の向上からくる不安等を解消することができると思いますが、ただ疲れてしまいそこで止まってしまうことがよくあるかと思います。

しかし、適切なことを適切にそして回数を少なくし体の疲労、脳内の疲労を少なくしてあげることによりそんなに体を動かすことや練習をしなくても競技力の向上を見込めます。

とにかく、無駄な動きをすることなく今の競技力に必要な動きだけを集中してやることによりそして年齢を重ねると背丈も伸びてきまし技術も向上してきますので自分を信じてそしてその動きを極めてください。そうするとおのずと競技力の向上が見込めます。

本日はここまでになります。

今後もスポーツや運動の事についてアップさせていただきます。

お時間ある時に見ていただけるとうれしいです。

最新記事

すべて表示

小学校高学年で今現在走りがそんなに速くない場合、基本の体の使い方、力の入れ方を習得していく必要があります。

今現在、小学校の高学年以上の子供さんで、速く走るのがあまりできていない場合は、体の使い方、力の入れ具合を再度身に付けていく必要があります。 ホームページを検索すれば、かけっこ教室、走り方教室はすごくたくさんあります。 その中で、鬼ごっこをすることもすごく大切ですが、今現在の体の使い方、力の使い方でたくさん鬼ごっこをしたとしてもあまり現状は変わりません。 根本的に、体の使い方、力の入れ具合を習得しな

これからは、大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中に。

こんにちは。 本日は、これからは大人数指導より、少人数または個別個人指導が当たり前になる世の中になっていくと言うお話をさせていただきます。 残念ながら、今後日本は少子化になっていきます。 今まで、体操教室や、スポーツクラブなどでは10人以上の子供に対して1人の指導者がレッスンをするということが当たり前でありました。 しかし、子供の数が少なくなっていき徐々に1クラスのレッスンが少なくなっていき少人数

●注意。厳しく指導するから、子供たちが成長していく?

指導者の役割は、子供の人間力を高めること、運動中怪我をさせないこと、子供たちの成長を導いてあげることだと思います。 間違っていれば間違っていると指摘してあげること、安全面を考えて、怪我をさせないこと、体の使い方、力の入れ方を丁寧に教えてあげることを通して子供たちの成長をサポートさせてあげることが、指導者にとっては必要な力だと思います。 しかし、変に勘違いをしてしまいただ厳しくすればするほど子供は成